Portfolio Management
自社が保有する不動産資産において、それが所有、リース、または転貸しているかどうかに関わらず、組織の最も重要で高額な資産の1つであることから、追跡して分析することが重要です。ダッシュボード、主要なパフォーマンスインジケーター、地図上のマップビューを使用して、各地にどのくらいの資産があるか、この資産がどのように使用されているか、その可用性、関連コストなどを俯瞰できます。
OVERVIEW

不動産資産の分析とマネジメントを改善し、ポートフォリオを企業のミッションに合わせる。

FUNCTIONS

  • ポートフォリオ保有の包括的な追跡と分析を通じて資産管理を改善します。

  • ポートフォリオのパフォーマンスに関する複数の視点を提供し事実に基づいた意思決定を支援します。

  • 資産の市場価格と簿価の比較、建物毎の収支、関連ドキュメント等の各種帳票機能を提供します。

Lease Administration

リースを効果的に管理するためには、更新およびオプションの重要期限を知ることや正確な請求書作成のためにリース特約を確認し、リースが変更されたときの変更を追跡し、連絡先や書類などのリース詳細情報にを簡単にアクセスできることが重要です。アラートによってリースとオプションを事前に追跡したり、図面と連動してリース貸し可能な空きスペースを特定したりといった細かな業務もサポートします。

​OVERVIEW

リース管理プロセスを集中化および自動化しエラーを減らし、ペナルティーを回避します。

FUNCTIONS

  • ​リースの追跡と管理のプロセスを自動化できます。

  • 柔軟なダッシュボード、自動アラートなどを提供します。

  • 図面上のリース区域、連絡先、伝票、基本賃料(関連定常経費含む)、約款、オプション、関連ドキュメント、および改正の情報を一元管理するダッシュボード機能を提供します。

Cost Administration

不動産所有者および管理者は、資産コストを追跡し、管理し、投資収益率を最大化する必要があります。ARCHIBUSは、詳細な不動産コストを整理、記録、管理、および分析する業務を支援する機能を提供致します。実質賃貸料の差額分析して比較するストレートライン賃貸料レポートをはじめ、リース、建物、不動産、および勘定科目のコスト予測をキャッシュフローレポートを生成して予算の正確性を高めます。

OVERVIEW

ポートフォリオ占有コストの集計、コスト配賦、承認のプロセスを集中管理し合理化します。

FUNCTIONS

  • ​先進的なコスト分析/予測機能により、ポートフォリオ占有コスト管理と意思決定を改善します。

  • すべてのポートフォリオのライフサイクルコストを追跡する合理化されたプロセスにより、エラーの発生頻度と費用を削減します。

  • 共用部にかかる関連コストを適宜利用者に配賦する共用部コスト分析機能を提供します。

Cost Chargeback and Invoicing
プロパティを管理する管理コストを削減するには、費用配賦の実行と請求処理の実行における業務効率向上とエラーの低減が不可欠です。ARCHIBUSは、洗練されたウィザードで、リース管理者とポートフォリオ管理者が不動産関連の会計機能をすべて自動化できるようにします。費用配賦ウィザードは、内部コストセンターおよび/または外部テナントへの柔軟なコスト割り当てのための機能を提供します。また、請求/未収金ウィザードにより、アカウント管理の強化のための正確で自動化された請求および支払いプロセスが実現可能です。

OVERVIEW

経費の請求、請求書の発行、および債権追跡のプロセスを改善し、管理費を削減します。

FUNCTIONS

  • 費用配賦/請求書/支払い処理の簡素化による業務効率の向上を実現できます。

  • 自動費用配賦計算および請求書/支払いの監視による管理エラーの削減を期待できます。

  • 直観的なウィザードベースのインターフェイスにより、費用配賦と請求プロセスを合理化することができます。

Portfolio Forecasting

総務業務担当者は、事業部門にスペースを割り当て、そのスペースに関連するコストを追跡し、時間の経過とともにスペースニーズがどのように変化するかを評価する必要があります。ARCHIBUSは、フロア間のグループ移動に対するドラッグアンドドロップ操作によるスタックプランを駆使したスペース計画を実施できます。

OVERVIEW

複数のシナリオおよび期間を使用して、スペースニーズ及び関連する占有コストを評価、予測して、割り当てます。

FUNCTIONS

  • スペース/マスタープランの構造化された情報を提供します。

  • 組織毎のスペース利用予測やスペース利用ギャップ分析機能を提供します。

  • ポートフォリオ予測分析と「what-ifh」機能を提供します。

  • スペース費用配賦の予測に基づいて、部門/コストセンターに年間コストを計画することが可能となります。

Real Estate Portfolio Management