Environment Sustainability Assessment
環境を保護し収益を高めるために、カーボンフットプリントを削減するという戦略的価値を認識している組織が増えています。 ARCHIBUSは物理的資産の状態と使用の詳細を追跡、ランキング、および文書化することで是正措置を講じることができます。施設の交換、アップグレード、改装を特定し、優先順位を付けるという、真の客観的かつ体系的な管理手法を提供します。

OVERVIEW
優先順位の高い環境サステナビリティ項目を客観的に評価し、個々のアイテムの詳細情報を得るためのダッシュボード機能を提供します。パフォーマンス指標を測定し、リスクを軽減して、組織の二酸化炭素排出量を削減し環境目標の達成を支援します。

 

FUNCTIONS

  • 環境効率目標を達成するため、または既存の環境評価プログラムをサポートするために修理、改装、交換する必要がある資産を特定し実行支援に必要な機能を提供します。

  • 環境問題に関連するコストと予算を追跡することで、資本予算と計画機能を向上させます。

  • ワークオーダー管理と統合しサステナビリティの取り組みの効率を計画的に実行できます。

Energy Management

効果的なエネルギー管理は、先見的な組織にとって重要な業務となっています。不要な消費と費用を削減するために、エネルギーとユーティリティの支出を簡単に集計、評価、最適化する手段を提供します。 スプレッドシートや財務ソフトウェアだけとは異なり、エネルギー管理には、ビジネスプランや客観的なベンチマークに対するエネルギー支出を追跡するための大規模なコストデータをリアルタイムに取得可能な施設設備情報やインフラストラクチャ情報と相関させて管理するのに役立ちます。

OVERVIEW
コストを管理し、カーボンフットプリントを削減し、リスクを軽減するために、エネルギー使用を追跡し管理します。

 

FUNCTIONS

  • 年間エネルギーコストを通常5%(または1平方フィートあたり約0.10〜0.20米ドル/年)削減し、二酸化炭素排出量の削減に寄与します。

  • 料金の再交渉とエネルギー提供者との統合基盤として(EDI連携等)、情報に簡単にアクセスし、集計し、評価するための監査機能を提供します。

  • ビジネスリスクを削減し、「what-if」分析によるエネルギーコストまたは二酸化炭素排出規制の変化への対応力を高めます。

Green Building

個々の建物やポートフォリオ全体で、カーボンフットプリントの目標を達成し、環境持続可能性認証スコアを管理することがますます厳しくなっています。 ARCHIBUSは、温室効果ガス排出削減のための情報フレームワークを提供し、環境持続可能性証明および再認証プロセスを管理するための機能を実装しています。

OVERVIEW
個々の建物またはポートフォリオ全体にわたって、建物の環境負荷評価、建物の二酸化炭素排出量の決定といった環境対策に必要な主要機能を提供します。

 

FUNCTIONS

  • 全体的な二酸化炭素排出量を削減するための情報フレームワークを提供します。

  • LEED、BREEAM、またはその他の環境持続可能性証明に不可欠な情報を追跡、管理できます。

  • 世界資源研究所/世界経済人会議(WRI / WBCSD)が発表したGHG(温室効果ガス)プロトコル企業標準が文書化した枠組みに準拠した情報を管理できます。

  • 内部または外部の報告要件へ準拠した情報を管理します。

  • ポートフォリオ内のすべての建物の温室効果ガス排出量の計算・比較を合理化し、時間の経過とともに変化を追跡します。

Waste Management

有害廃棄物を管理することは、しばしばリスクがあり、処理が不十分な場合には負の結果になる可能性があります。 組織は煩わしい規制上の書類作成に対処するだけでなく、傷害、罰則、潜在的な訴訟につながる可能性のある事故のリスクを回避する必要があります。 ARCHIBUSは、有害廃棄物と非有害廃棄物の両方を追跡、管理、削減する合理化された業務機能を提供します。廃棄物削減およびリサイクルプログラムの有効性を評価するための情報を提供して、カーボンフットプリントを削減し、LEEDやその他のサスティナブルスコアを向上させるのに役立ちます。

OVERVIEW
廃棄から廃棄までの流れを追跡して管理し、健康および規制上のリスクを最小限に抑えます。

有害廃棄物の追跡と管理に加えて、廃棄物削減とリサイクルプログラムの有効性を評価するための情報を提供します。

FUNCTIONS

  • 安全な作業環境を維持するために有害廃棄物の流れを追跡および管理するためのプロセスを簡略化します。

  • 可視性を高め、廃棄物削減やリサイクルイニシアチブの責任の所在を明確にし、カーボンフットプリントを削減し、LEED™やその他の持続可能性スコアを向上させます。

  • 廃棄物監査と報告要件を満たすためのコストを削減します。

Emergency Preparedness

毎年、自然災害や人為的災害は、組織にとって大変な財政的損失を引き起こします。 ARCHIBUSは、潜在的に悲惨な状況を計画し、実際の災害発生時に効果的に対応し、迅速に対処するための機能を提供します。 人命安全手順が守られ、財産が保護され、通常の運用が中断されるのを最小限に抑えるために、重要な施設、インフラストラクチャ、および社員情報に迅速にアクセスできます。災害発生時に最も必要とする人に正確な情報を提供し維持するための主要ツールとして役立ちます。まず、緊急連絡先リスト、緊急エスカレーションリスト、出口プラン、危険物計画、施設システムとその従属システムなど、緊急時に必要となるデータを設定します。

緊急事態が発生した場合は、この施設データを最初の主要関係者に提供し、社員に関する情報を一斉配布し、復旧プロセスを開始します。 非常時はデータベースにアクセスするために建物に入ることができないため、Webリモートアクセスが緊急時に特に便利です。プライマリ・データベースとWebサーバーが緊急時に無効になっている場合、データにリモートでアクセスして更新できるように、サイトは多くの場合、施設データベースとWebサーバーをリモート・ロケーションでミラーリングします。

OVERVIEW
災害発生時のビジネス継続性と迅速な復旧を確保します。

FUNCTIONS

  • 人命を救い、財産を保護し、保険料を最小限にするための態勢を提供します。

  • 災害時に重要な人命安全を確保するため正確なデータへの迅速なアクセスを可能にします。

  • 情報を整理して災害復旧計画を実施し、通常操作を迅速に再開できるよう支援します。

Compliance Management

財産および施設管理担当者は、安全で効率的で生産的な職場環境を提供する責任がありますが、異なるスケジュール、コスト、および組織への影響を伴う厄介な規制コードに直面する可能性があります。

ARCHIBUSは、法令遵守プログラムに関連した大量のデータと記録を簡単かつ効率的に取得することができます。 これにより、管理コストを削減し、労働災害、物的損害、コンプライアンスの不適切な実行による業務停止などのコストのかかる非常事態に対峙することができます。 

OVERVIEW
複雑なコンプライアンス要件を管理して、リスクを軽減し、安全な作業環境を確保し、管理上の負担を軽減します。また、規制の状況と優先順位をすばやく視覚化することが可能となります。

 

FUNCTIONS

  • 規制、コード、またはベストプラクティスを遵守するための構造化されたプロセスを実装することにより、安全で生産的な執務環境を実現できます。

  • 不適当なコンプライアンス監視に起因する金銭的罰金、または費用のかかる訴訟を含む規制措置の可能性を最小限に抑えることができます。

  • データの収集、通知、および文書管理に費やす管理時間を削減することにより、包括的で煩雑な法令順守プログラムに対応することができます。

Clean Building

ラドン、アスベスト、カビなどの有害物質を含まない安全で健康的な作業環境を確保することは、従業員の安全と健康にとって不可欠であり、どの組織にとっても最優先事項です。毎日の仕事でアスベストとカビを被る従業員は、生活の質に影響を及ぼし、従業員としての生産性を制限する健康問題を引き起こす可能性があります。さらに、ほとんどの国では健全な職場に関する規制が策定されており、組織は罰金やリスクを最小限に抑えるために政府の規制を遵守する必要があります。現場で見つかった有害物質の特定、および削減するプロセスを管理することにより、クリーンな建物を維持し、問題が発生したときに効率的に問題を解決できる機能を提供します。

OVERVIEW
検査と除害にかかるコストの見積もり、検査タスクの優先順位付け、スペースや設備のグラフィック表示から危険な物質を迅速かつ正確に検出、追跡が行えます。

FUNCTIONS

  • 規制上の行為、および職業病による高価な金銭的損害の可能性を最小限に抑えることができます。

  • 危険物質に起因する高価な運転停止、施設の使用の喪失、罰金を防ぐことができます。

  • 有害物質の特定、位置特定、サンプリング、文書化、および廃止のプロセスを合理化することにより、法令遵守の運用コストを削減します。

Environmental Health and Safety

安全な職場環境を確保することは費用のかかる違反罰金を避けるだけでなく、会社の最も貴重な資産である従業員の生活や健康を守るために重要です。社員の安全を確保するための業務プロセスと、発生した事故を分析し、将来の発生を最小限に抑える措置を取る必要があります。ARCHIBUSは、グラフィカルな操作画面を使用して危険な状態にある場所をすばやく識別したり、事故を起こさないよう業務プロセスを合理化します。

OVERVIEW
職場の事故、個人用保護具(PPE)、訓練、医療モニタリング、作業制限のコントロールなどの安全管理機能を提供します。

 

FUNCTIONS

  • 職場における健康および安全リスクを特定、評価、修正するための業務プロセス支援機能を提供します。

  • 組織のリスクと負債を最小限に抑えるための効率的な事故追跡とフォローアップ機能を提供します。

Material Safety Data Sheets

組織は有害な製品を安全に取り扱い、さまざまな規制への準拠を確認し、危険物が保管されている場所や緊急時に遭遇する可能性のあるものを最初の対応者に知らせる責任があります。 しかし、この情報をバインダーや書庫に保管することは、管理するのに費用がかかり、更新が難しく、特に危機に陥ったときにアクセスするのが難しくなります。 ARCHIBUSは、どこからでもMSDS(Material Safety Data Sheets)情報への即時更新とアクセス環境を提供し、職場で使用される化学製品のリストを保管し、MSDSを品目化します。 また、スペースおよび占有データ、設備目録、組織情報を図面情報と統合し、危機を回避するための行動計画を実行するのに必要な情報を提供します。

OVERVIEW
物質安全情報を迅速に取得して、危険な化学物質から個人を守り、規制遵守コストを削減します。

 

FUNCTIONS

  • 事故発生時に建物内の社員が重傷を負うリスクを最小限に抑えます。

  • 最新のMSDS(Material Safety Data Sheets)を維持するための管理コスト削減を実現できます。

  • 最初の対応者が緊急時に重要な化学物質安全性情報を迅速かつ確実に取得できるようになります。

Environmental & Risk Management